前へ
次へ

遺品整理の大切な考え方とは

故人の遺品を整理するときに、不用品を処分するような気持ちで作業してしまうと、故人に失礼な状態になってしまいます。
遺品整理はそのネーミング通りに遺品を整理することになりますが、整理をしていく過程で処分する物も発生してきます。
そのため不用品処分と似たような気分になってしまうのも多少は仕方がない面はありますが、基本的に遺品には全てに故人の思いが詰まっています。
生前に故人が使用していた家電や家具などにも故人の思いが詰まっている筈ですから、仮に処分してしまう場合も供養する気持ちを忘れてはいけません。
遺品整理は故人の部屋を綺麗にするだけでなく、遺族が故人との別れの気持ちを整理する時間でもありますから、故人のことを考えながら作業をする必要があります。
そのため通常の不用品処分などと異なり、作業にどうしても時間が掛かってしまいますから、数日などに分けて作業するのも賢い方法になります。
遺族が複数人存在する場合は、遺品整理をするときに一緒に作業をしたほうが形見分けをしやすいので、予定を合わせて一緒に作業するのが大切です。

Page Top