前へ
次へ

遺品整理を自分でするときのポイント

遺品整理を自分でおこなうときには、何を残しておくのか、何を捨てるのかを前もって決めておくことが大切です。
遺品には故人との思い出がたくさん詰まっています。
できることなら捨てたくはありません。
ですが、すべてを保管しておくことはかなり難しいことなのです。
事前に、形見として保管しておくものと、処分してもらうものをリストアップしておくと迷わずに仕分けすることができます。
ですが、このときには注意点もあります。
それは、身内にきちんと事前確認をすることです。
自分にとっては不要でも、他の人にとっては重要なものもあります。
この場合、勝手に処分をすると後でトラブルに発展してしまう可能性があります。
遺品整理をおこなうときには、相続人となる人物すべてに確認をとっておく必要があります。
遺品整理を自分でおこなうときには、スケジュールを決めておきましょう。
思い出の品を処分するときには、どうしても気持ちが入ってしまいダラタラと時間がかかってしまいがちです。
事前にスケジュールを決めておくと、テキパキと作業することができます。

Page Top